30代の目元の悩みやシワ&たるみで老けて見える?!

 

「30代にあって、目元のたるみや小じわが気になるようになっなわ・・・」

 

30代は目のクマ以外にも、たるみや小じわが気になる年代です。

 

そんなあなたのために、クマ&たるみ&小じわ対策にピッタリ!
のアイクリームをご紹介します!

 

※返金保証ありのクリームもあります

 

アイクリームおすすめランキング!

 

アビエタディープモイストクリーム

 

 

  • 返金保証:60日以内
  • 内容量:25g(※1か月分)
  • 定期:4,968円
  • 初回限定:3,780円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のたるみやクマが原因で見た目年齢がが気になる人
  • 全額返金保証が長期のほうがいい人
  • 定期コースの縛りがないほうがいい人
  • 無添加がいい人

 

 

アビエタディープモイストクリームはアルコールはアルコール、石油系界面活性剤、合成色素、合成香料、鉱物油は不使用の無添加のアイリームです。

 

また、全額返金保証期間が60日&停止縛りがないため、気軽に申し込みができます。

 

 

デメリットは?

 

やや料金がお高め。

 

 

【公式】→http://www.aqua-egf.com

 

 

アイキララ

 

アイキララ

 

  • 返金保証:25日以内
  • 内容量:10g(※1か月分)
  • 定期:2,682円
  • 単品:2,980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のクマが気になる人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • 定期コースの縛りがないほうがいい人
  • 肌の弱い人

 

アイキララは着色料、保存料、防腐剤フリーで、天然のやさしい成分を使っています。

 

また、使ってみて肌に合わない場合、全額返金保証もあるため、安心です。

 

 

デメリットは?

 

ゆうパケットでポストへ投函してくれますが、181円の送料がかかります。

 

また、アイキララにはレチノールは配合されていません

 

 

【公式サイト】
→https://www.eyekirara.com/

 

 

ビーグレン トータルリペアアイセラム

 

目元ケア

 

 

  • 返金保証:365日以内
  • 内容量:15g(※1週間トライアル)

  • トライアル:1,800円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のしわ・たるみに不満がある人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • トライアルで試してみたい人
  • 保湿力を重視している人

 

 

ビーグレンは365日の全額返金保証を打ち出すほど、自社の商品に自信があるメーカーです。

 

アイクリームを使って初めて実感できた!という口コミもあるほど人気があります。

 

デメリットは?

 

トライアルは安いですが、本品のセットは約12000円するため、やや高額です。

 

【公式サイトはこちら↓↓↓】
目元ケア

 

 

アテニア アイ エクストラ セラム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:14日間セット

    アイエクストラセラム15g
    エイジングケアラインドレスリフト 14日セット
    目元のツボシート

  • 初回:3,291円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のくぼみ・小じわ・たるみが気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • そこそこのリーズナブルをクリームがいい人
  • 乾燥が気になる人

 

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

 

MUNOAGE リペアアイクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:10日間お試し

  • 初回お試し:980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目の周りの皮膚が薄く・乾燥が気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • 無添加のアイクリームがいい人

 

MUNOAGE リペアアイクリームは”シワ治療の認定指導医”との共同開発した目元用のクリームです。

 

また、通常価格は2160円なので、アイクリームの中ではお手軽といえます。

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

目の周りの悩み

 

クマの人形

 

茶グマができる原因とは?

 

目の下に茶グマができる原因は色素沈着です。そのため、毎日ストレスもないし睡眠もしっかりととっているのにクマがとれないと言われている人は結構おられます。色素沈着でできている茶グマは、目の下の皮膚を横に引っ張っても薄くなることがありません。色素沈着なので皮膚の色もかわってしまっているからです。

 

このように色素沈着の茶グマが目の下のできてしまうのは、紫外線によく当たることが原因だったりします。普段から、外に出ることが多く頻繁に紫外線に当たっている場合が多いです。そのほかには目をよくこすっている人もこの茶グマができやすいです。さらに、きれいになりたいと思いすぎて、洗顔をする際に顔をごしごしと必要以上に洗っている人も、それが原因となって茶グマができてしまいます。青いクマがよく出るという人は、ストレスがたまっていたり疲労がたまっていたり睡眠不足が原因だったりしますが、この茶グマができる場合はストレスなどが原因ではありません。紫外線に当たりすぎていたり、洗いすぎも原因だったりするので注意が必要です。茶グマができている人は、自分が頻繁に紫外線に当たっていないかとか、原因を考えてみることが重要になります。

 

 

目の周りのたるみの原因

 

若いときは全く気にならなくても40歳を過ぎたあたりから体の老化が気になり始めます。女性にとって一番気になる部分は顔の衰えです。しわやたるみは老け顔になるので高価な化粧品や専用クリームなどでお手入れするのですが、なぜ出来るのか原因を知っていれば予防は可能になります。
もっとも知られているのは筋肉の衰えです。加齢とともに顔全体の筋力が低下するためですが、特にまばたきの際に使う筋肉が老化で衰えると支えられていた皮下脂肪が支えが弱くなるのでたるみの原因となったりします。これはスマホなどの画面をずっと見ていたりしてまばたきが少なくなることも原因です。目の周りの皮膚の弾力性が低下して弾力性を保つ支持組織が緩むうえに加齢で細胞が浮腫上になって膨らむためにたるむこともあります。身体の骨が歳と共にずれてくるのと同じように頬骨が内側にずれることで出来るたるみもありますし、元々目の下の皮膚が薄くて目の周りの脂肪が多いためにたるみが目立つ、遺伝子を持つ日本人体質のためもあります。油分の多い化粧品や艶出し効果のメイク用品に含まれるイソパラフィンは皮膚の脂肪に絡みついてその重さで目の下が下がってきます。
加齢によって変化するものはある程度は仕方無いですが、油分の少ない化粧品を使ったり、まばたきの回数を増やすなどして筋肉の低下を防ぐとたるみを予防することが出来ます。

 

黒クマが目の下にできる原因は?

 

黒クマが目の下に出来てしまう原因は何かというと、まずは加齢による皮膚のたるみによって出来てしまうという事です。肌には皮膚を作るヒアルロン酸が存在し、このヒアルロン酸が肌に張りや弾力を与えたり、皮膚の水分を維持したりしています。
しかしこのヒアルロン酸は年齢を重ねていくと共に減少していき、当然減ってしまうと肌の水分を維持できなくなってシワやたるみが出来てしまいます。シワやたるみが顔に出来ることによって、目の下がくぼんでしまい黒クマが出来てしまいます。ヒアルロン酸は20代をピークに減少していき、40代になると半分程度まで減ってしまいます。
またたるみは加齢により目の周辺の筋力が落ちて出来たりもしますし、紫外線や乾燥等、外部から肌が刺激を受ける事でしわやたるみが出来、黒クマになってしまう事もあるので、これらにも注意が必要です。
他にも眼球の周辺には眼窩脂肪という脂肪があり、これは年齢を重ねていくとポコッと出てきて、目の下が膨らんだ状態になります。この眼窩脂肪が目の下に出来ることで黒い陰ができてしまいクマになってしまいます。
さらに目が大きい人や涙袋が大きい人は、目の下が陰になりやすくクマのように見えてしまう事もあります。
このように黒クマといっても出来る原因は沢山あるので、日頃から目の周りのケアをしっかりとする事が必要です。

 

 

目の下に小じわができる原因は?

 

笑うと目尻に軽く出る小じわはチャームポイントとなりますが、目の下の小じわは悩みの種になるものです。細かく刻まれたしわの数々は、それだけ人に見られる事も多く自分自身が気になってしまいます。この目の下の小じわの原因は、主に加齢による水分や皮脂量の不足、コラーゲンやエラスチンの生成の減少による肌のハリの衰えにたるみなどです。本来目元の皮膚はとても薄く、長い間目の周りの筋肉を使い続けると疲労度が現れやすい部位でもあります。目の下のクマなどはその代表格ですが、血行不良や乾燥そして水分不足が特に影響を及ぼします。それ故に毎日パソコンやスマホを使い続け目の周りを酷使する環境的要因が、小じわの発生に拍車をかけていると言ってもおかしくはありません。休息させるためにも十分な水分を与え適度な油分で潤いを保ち、ホットパックなどで血行を良くするだけでも目の下の皮膚には効果的です。そして何と言っても紫外線による肌ダメージを防ぐためにも、特に薄い目の周りのケアは普段から気を遣う必要があります。目の下の小じわの原因は、老化だけではなく日常のケアと紫外線に対する無頓着さ、さらには日々の目の酷使などによって起こり得るという事は紛れもない事実です。